危険防止・安全対策のため、小型無人機「ドローン」などの使用(飛行)を禁止いたします。ご協力よろしくお願いします。  神奈川県無形民俗文化財指定(昭和53年)
かながわの民俗芸能50選(昭和57年)
国土交通省 関東運輸局後援(平成23年)


真夏の太陽が照りつける海の日、美しい湘南の西浜海岸に数多くのみこしが集まり、壮大な夏の祭典が斎行される。これが世に名高い茅ヶ崎海岸浜降祭暁の祭典とも称されています。この祭典は、御祭神が「みそぎ」を行うことによって、水の力、水の霊力を呼び、その霊力によって御神威新たな神々を奉迎する神事です。また、祭典終了後には、地元にもどり、各家々の「家内安全」「無病息災」を練り歩きふりまくといった茅ヶ崎・寒川に深く根付いている土着の祭です。

☆浜降祭合同祭典
 浜降祭の起源については、諸説がありますが、古老のみなさんの話をまとめてみると、次のような説に集約されます。
 今から170年ほど前の天保9年(1838)、寒川神社の神輿が、例年春に行われる国府祭(こうのまち)【大磯町国府本郷】に渡御した帰途、相模川の渡し場で寒川の氏子と地元の氏子が争いを起こし、川に落ちて行方不明になってしまいました。その数日後、南湖の網元である孫七さんが漁の最中にこのご神体を発見し、寒川神社に届けたことを契機に、毎年同神社の神輿が、そのお礼のため南湖の浜に赴き、「禊(みそぎ)」をするようになったと言い伝えられています。
 一方、江戸時代後期に幕府がまとめた『新編相模国風土記稿』によると、鶴嶺八幡宮では、寒川神社のお礼参りよりずっと古い時代から、心身の罪やけがれを清める「みそぎ」の神事を行うため、毎年、浜辺への渡御が行われていたとあります。
 このように両神社の伝承は、古くから語り継がれ、それが後世になって合体して定着し、その後明治9年(1876)にこれまで旧暦の6月29日に行われていた「みそぎ」神事を新暦の7月15日と定め、名称も”浜降祭”と呼ばれるようになりました。また、平成9年(1997)には、例祭日を7月20日に変更しましたが、祝日の改正に伴い平成16年からは7月海の日(第3月曜日)に例祭日が再度変更しました。。

☆豆知識
その1 神輿が海に入る「みそぎ」は、午前4時頃〜7時の入場時と式典終了後の8時以降。
式典がはじまると帰られる方がいますが、まとまった神輿が海に入るのを見るには、お発ち(式典後一斉に神輿が動き出す)の後の8時過ぎがお薦めです。海の状況により、入らない時もあります。
その2 「どっこい、どっこい」という掛け声は、相州神輿独特なもの。
掛け声だけではなく、神輿を担ぐ時に歌われる「茅ヶ崎甚句」が聞けることもあります。
その3 神社によって神輿の担ぎ方が違うのでそれを見比べるのも面白い。
その4 神社を出発する前に暗がりの中で幻想的に行われる「宮出し」も一見の価値あり。

☆参加神社(34神社) (上段:鎮座地)
(下段:宮立(発輿)の時間)
鶴嶺八幡社
(4社)
(1) 浜之郷 鶴嶺八幡社 (つるみねはちまんしゃ) 茅ヶ崎市浜之郷462
宮出 午前3時

はちまきの色 赤
神輿製作年 文化3年(1806年)
重量 約450s
 
(2) 矢畑 本社宮 (ほんしゃぐう) 茅ヶ崎市矢畑142
宮出 午前1時30分(鶴嶺八幡社発午前3時)
はちまきの色 赤
神輿製作年 昭和53年(1978年)
重量 約550s
(3) 西久保 日吉神社 (ひよしじんじゃ) 茅ヶ崎市西久保466
宮出 午前1時(鶴嶺八幡社発午前3時)
はちまきの色 赤
神輿製作年 昭和51年(1976年)
重量 約600s
(4) 円蔵 神明大神  (しんめいおおかみ) 茅ヶ崎市円蔵2283
宮出 午前1時(鶴嶺八幡社発午前3時)
はちまきの色 水色
神輿製作年 明治13年(1880年)
重量 約450s
鶴嶺地区
(4社)
(5) 今宿 松尾大神  (まつおおおかみ) 茅ヶ崎市今宿586
宮出 午前3時
はちまきの色 ピンク色
神輿製作年 昭和53年(1978年)
重量 約500s
 
(6) 中島 日枝神社  (ひえじんじゃ) 茅ヶ崎市中島1134
宮出 午前3時30分
はちまきの色 豆絞り(白地に紺)
神輿製作年 明治5年(1872年)
重量 約450s
 
(7) 柳島 八幡宮  (はちまんぐう) 茅ヶ崎市柳島2-3-10
宮出 午前4時
はちまきの色 朱鷺色
神輿製作年 昭和24年(1949年)
重量 約550s
 
(8) 萩園 三島大神  (みしまおおかみ) 茅ヶ崎市萩園1719
宮出 午前2時30分
はちまきの色 黄色
神輿製作年 昭和25年(1950年)
重量 約450s
 
茅ヶ崎地区
(6社)
(9) 本村 八坂神社
※社殿:八王子神社
 境内社:八坂神社
(やさかじんじゃ) 茅ヶ崎市本村4-13-40
宮出 午前1時15分(茅ヶ崎駅北口ロータリー午前2時30分)
はちまきの色 青
神輿製作年 明治22年(1889年)
重量 約600s
(10) 新町 厳島神社  (いつくしまじんじゃ) 茅ヶ崎市新栄町2-10
宮出 午前2時(茅ヶ崎駅北口ロータリー午前2時30分)
はちまきの色 緑
神輿製作年 大正8年(1919年)
重量 約350s
(11) 十間坂 神明宮  (しんめいぐう) 茅ヶ崎市十間坂3-11-41
※女性のみで徒御(午前5時40頃に一ノ鳥居)
はちまきの色 水色
神輿製作年 昭和2年(1927年)
重量 不明
(12) 十間坂 第六天神社  (だいろくてんじんじゃ) 茅ヶ崎市十間坂3-17-18
宮出 午前1時20分(茅ヶ崎駅北口ロータリー午前2時30分)
はちまきの色 水色
神輿製作年 明治25年(1892年)
重量 不明
(13) 中海岸 中海岸神社  (なかかいがんじんじゃ) 茅ヶ崎市中海岸4-1-44
宮出 午前3時30分
はちまきの色 マリンブルー
神輿製作年 昭和31年(1956年)
※2007年に鳥井戸御霊神社より拝領
重量 不明
(14) 中海岸 八大龍王神  (はちだいりゅうおうじん) 茅ヶ崎市中海岸2-8-30
宮出 午前3時(茅ヶ崎公園野球場)
はちまきの色 水色
神輿製作年 昭和53年(1978年)
重量 約400s
 寒川地区
(6社)
(15) 一之宮 八幡大神  (はちまんおおかみ) 高座郡寒川町一之宮1-21-10
宮出 午前0時(寒川神社発午前2時30分)
はちまきの色 ピンク
神輿製作年 昭和60年(1985年)
重量 不明
(16) 倉見 倉見神社  (くらみじんじゃ) 高座郡寒川町倉見46
宮出 午前0時(寒川神社発午前2時30分)
はちまきの色 紫
神輿製作年 昭和54年(1979年)
重量 不明
(17) 岡田 菅谷神社  (すがやじんじゃ) 高座郡寒川町岡田4-20-39
宮出 午前0時(寒川神社発午前2時30分)
はちまきの色 水色
神輿製作年 天保(浜降祭の起源の一説となった神輿)
重量 約260s
(18) 宮山 寒川神社  (さむかわじんじゃ) 高座郡寒川町宮山3916
宮出 午前2時30分
はちまきの色 赤
神輿製作年 昭和50年(1975年)
重量 約270s
(19) 芹沢 腰掛神社  (こしかけじんじゃ) 茅ヶ崎市芹沢2169
宮出 午前2時30分
はちまきの色 白
神輿製作年 昭和10年(1935年)
重量 不明
(20) 八坂神社  (やさかじんじゃ) 茅ヶ崎市堤3635
宮出 午前3時
はちまきの色 水色
神輿製作年 江戸末期(修復1958年)
重量 約300s
松林・小出地区
(9社)
(21) 下赤羽根 神明大神  (しんめいおおかみ) 茅ヶ崎市赤羽根468
宮出 午前2時30分
はちまきの色 オレンジ
神輿製作年 大正6年(1917年)
重量 約420s
(22) 高田 熊野神社  (くまのじんじゃ) 茅ヶ崎市高田1-10-44
宮出 午前3時
はちまきの色 白
神輿製作年 昭和52年(1977年)
重量 約470s
(23) 甘沼 八幡大神  (はちまんおおかみ) 茅ヶ崎市甘沼292
宮出 午前2時30分
はちまきの色 桃色
神輿製作年 明治24年(1891年)
重量 不明
(24) 香川 諏訪神社  (すわじんじゃ) 茅ヶ崎市香川2-24-54
宮出 午前2時30分
はちまきの色 黄
神輿製作年 昭和50年(1975年)
重量 不明
(25) 小和田 熊野神社  (くまのじんじゃ) 茅ヶ崎市小和田2-3-66
宮出 午前3時
はちまきの色 緑
神輿製作年 昭和54年(1979年)
重量 不明
(26) 室田 八王子神社  (はちおうじじんじゃ) 茅ヶ崎市室田1-13-35
宮出 午前3時30分
はちまきの色 青
神輿製作年 昭和53年(1978年)
重量 不明
(27) 菱沼 八王子神社  (はちおうじじんじゃ) 茅ヶ崎市菱沼1-11-64
宮出 午前3時30分
はちまきの色 紫
神輿製作年 明治15年頃(1882年頃)
重量 約600s
(28) 下寺尾 諏訪神社  (すわじんじゃ) 茅ヶ崎市下寺尾1151
宮出 午前1時45分
はちまきの色 緑
神輿製作年 昭和60年(1985年)
重量 約500s
(29) 上赤羽根 八雲大神  (やくもおおかみ) 茅ヶ崎市赤羽根2437
宮出 午前2時
はちまきの色 えんじ
神輿製作年 明治29年(1896年)
重量 不明
南湖地区
(5社)
(30) 南湖上町 金刀比羅神社  (ことひらじんじゃ) 茅ヶ崎市南湖3-4-40
宮出 午前3時
はちまきの色 赤
神輿製作年 明治10年(1877年)
重量 不明
(31) 南湖中町 八雲神社  (やくもじんじゃ) 茅ヶ崎市南湖4-4-29
宮出 午前3時30分
はちまきの色 桃色
神輿製作年 明治21年以前(1888年以前)
重量 不明
(32) 南湖下町 住吉神社  (すみよしじんじゃ) 茅ヶ崎市南湖5-5-1
宮出 午前3時30分
はちまきの色 黄
神輿製作年 文化5年説有(1808年説有)
(33) 鳥井戸 御霊神社  (ごりょうじんじゃ) 茅ヶ崎市南湖2-9-10
宮出 午前3時30分
はちまきの色 緑
神輿製作年 昭和57年(1982年)
※平成19年茅ヶ崎市より譲り受けた
重量 不明
(34) 茶屋町 茶屋町大神宮  (ちゃやまちだいじんぐう) 茅ヶ崎市南湖1-4-2
宮出 午前3時30分
はちまきの色 青
神輿製作年 昭和30年(1955年)
重量 不明
注)重量については、神様の乗り物のため、正確に測定していないようです。

交通アクセス(交通規制・会場図) ※平成27年度情報を掲載
大きな交通規制図はコチラ

会場周辺トイレMAP (赤:仮設トイレ 紫:公衆トイレ

津波避難MAP (緊急時は警察官・警備員・会場スタッフの指示に従って行動してください。)

☆浜降祭関連リンク
神奈川県文化財情報のページ
茅ヶ崎市のページ
茅ヶ崎市観光協会のページ
寒川神社のページ
HAMAORI FESTIVAL

(PDF形式)  茅ヶ崎海岸浜降祭チラシ(交通規制関連情報含む)


茅ヶ崎海岸浜降祭保存会