事業計画は長期的・多角的な視点から成長戦略を練り上げるために経営者にとって重要な仕事です。実務では、資金の融資や投資家からの出資を受ける際に必要となります。身近な場では、これから起業を検討している人が、自分の思い描いたビジネスプランを「なるほどこれはいける」と思ってもらうためにまとめる重要な作業となります。最近では、国や各市町村の補助金の補助金の申請や制度の認定を受ける際、ビジネスコンテストにも必要な書類となる場合が多いです。

これからは事業所皆様が「事業計画書」の策定のための知識をもっておくことが必要です。







事業計画策定に向けた手順


1.5年後の自分は?構想を練る


2.何よりも大切な具体的ビジネスプラン


3.事業計画書策定で注意すべきポイント


4.まだ終わらない!?申請書提出前に確認してください


5.最後に 相談先は茅ヶ崎商工会議所が効率が良い






















事業計画に重要な項目に「予定」の管理があります。日常的な業務の予定とは違い、何年先をも見通して長期的なビジョンを具体的に描いたものです。このような計画は、しっかりとした組織ほど意識しています。時代がどのように流れていくのかを見えるカタチで表現し、「組織(事業主)」としてどのように進めていくのかを想定しながら事業を発展させています。事業計画書の策定では、おおむね「5年」を目安に事業計画を検討していきます。5年後の自社がどのように存在しているかイメージしましょう。文章が不得意な人は絵や図式でもかまいません。
















計画において特に重要となるポイントです。これから先の事業がうまくいくかどうかはこの「ビジネスプラン」にかかります。言葉では事業計画書とビジネスプランが同じように解釈される場合もあるようです。簡単にいうと、ビジネスプランは事業計画書をつくる前の設計図となります。ビジネスプランで重要なポイントは商品やサービスがどのように売れて、会社に利益をもたらすか、です。これが崩れると事業自体の柱を見失うこととなりますので、空想のものではなく、需要と供給、顧客対象、地域環境、季節性などの数多くの項目を調査し、限りなく現実に即したビジネスプランを作れるように努力しましょう。

<参考>茅ヶ崎市内の統計・データベース
















5年後の構想 と 具体的なビジネスプラン がまとまりまったら、あとは集めた情報を整理して実際に事業計画書に落とし込む作業を行いましょう。事業計画書の書式は、融資や専門機関によって変わります。参考までに日本政策金融公庫の創業計画書の書式を掲載します。

https://www.jfc.go.jp/n/service/dl_kokumin.html

・創業の動機
・経営者の略歴
・過去の事業経験・取得資格・知的財産
・取扱商品・サービスの内容・
・セールスポイント・販売ターゲット・販売戦略・競合・市場など企業を取り巻く状況
・販売先・仕入先・外注先
・必要な資金と調達方法(運転資金の内容や設備投資計画)
・事業の見通し

多岐の項目に及んでいますが、基礎は構想とビジネスプランでできあがっていますので、考え悩む部分は少なくなっているはずです。もし個人での作成に悩まれるようであれば、茅ヶ崎商工会議所や金融機関等にご連絡をいただければ、職員が一緒になって考えてくれます。
















申請書ができあがりましたらいよいよ提出となりますが、ここで注意する点よくあるケースとしては、「認定支援機関」による確認の有無です。認定支援機関とは、中小企業・小規模事業者が安心して経営相談等が受けられるために、専門知識や、実務経験が一定レベル以上の者に対し、国が認定する公的な支援機関です。融資では問われることはありませんが、国や各市町村の補助金の申請や制度の認定を受ける際には必要となる場合があります。その際には商工会議所にご相談ください。
















以上いかがでしたでしょうか。
茅ヶ崎商工会議所では事業所の事業計画策定にあたり、多くの事業所の策定実績を踏まえて、さまざまな角度から支援を行っています。
皆様が考えた計画が今後も地域での継続、発展と、今後も地域の支えとなっていただけますことを願います。






  茅ヶ崎商工会議所 中小企業相談所
  〒253-0044 神奈川県茅ヶ崎市新栄町13−29
  TEL:0467−58−1111 FAX:0467−86−6601
  E-MAIL:ccci@chigasaki-cci.or.jp
   平日9時〜17時 ※相談の前にご連絡ください